5月24日朽木

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

大分遅くなってしまったのですが、前回の釣果報告をします。

場所はいつもの朽木渓流魚センターで、朝から9時間のコースです。
天気は曇りで時折小雨が降るという絶好の釣り日よりでした。

手前の池が小物の数釣り池になってしまったのですが、実際のところ奥の大物池と同じくらい大物が釣れていると受付のスタッフさんに聞いたので、今回はいつもの様に手前の池の手前の水車付近で釣りをすることにしました。
手前の池には大量のイワナが入っておりいつもの様に時計回り(流れに逆らって)に回遊していました。
お土産は約束されたようなものです。

最初に使ったのはエリアペレットType-Sのダークオリーブです。これは第45回朽木トラウトグランプリのニジマス部門優勝ルアーです。(私が優勝したわけではありませんが…)
反応はするもののいまいち口を使ってくれません。そこで、アプリコットにカラー変更!
普通サイズのイワナが釣れました!

今日は7月に正式に販売するミニ魚卵の最終テストをしに来たので、ペレットやオクトパスジグ、この時期最強の魚卵フックなどはすぐに封印しミニ魚卵にルアーを変更しました。
このミニ魚卵は、水温が上がる夏のトラウトでも口を使いやすくする為にシルエットを魚卵フックType‐2より小さくしました。またウエイトも軽くしましたが、0.5gあるのでトラウトッタックルなら何とか投げられます。暑くなり虫が多くなって、上から落ちてくる小さな物に良く反応するこれからの時期に最適です。私もこの日はミニ魚卵で何匹釣ったことか!皆様も是非ともお試しください。

6枚目の画像はペレットフードで釣ったイワナです。
今の時期魚卵も良いですが、ペレットフードも良く釣れますよ!

この日の私は久しぶりに朽木のホームページに掲載される大物が釣れませんでした。
が、同行者が60のニジマスと40アップのイワナとブラウンを釣ってくれたので良しとします。


これから益々暑くなり釣りにくくなりますが、エフライズでは夏でも沢山釣れるルアーを開発中です。第一段がミニ魚卵で、その他テスト中の物や、既に出来あがったルアー、まだ私の頭の中にだけあるルアーなど数種類が今年の夏に発売予定です。

詳細はブログで少しずつ発表していきますのでお楽しみに!