第51回夏季朽木トラウトグランプリ

イメージ 1

7月19日朽木渓流魚センターで行われた第51回夏季朽木トラウトグランプリに参加してきました。

大物池と数釣り池に分かれて初めての大会となるので、大物が沢山いる奥の池で釣ることにしました。
行く前は手前の池のいつもの場所で釣ろうと思ったのですが、現地で上から見ると手前の池には小さいのがうじゃうじゃとしていたので、迷わず奥の池に移動しました。

しかし奥の池は慣れていないのでどこに大物がいるのかわからず、水深もあり流れもある手前の水車の所から始めました。
今回はプロトを沢山持っていく予定でしたが、プロトと魚卵が入ったワレットを持ってくるのを忘れてしまい、仕方なく私の大好きなスピンムーブシャッドから投げ始めました。
これがまた良く釣れる!
1キャスト1バイト状態です。しかし、ノリが悪く結局5匹ぐらい小さいニジマスを釣って、プリズムデザインのバディダディ3.2g赤金にルアーチェンジ!(久しぶりに他社ルアーを使って釣りました)
3匹ぐらい釣ってオクトパスノーマルタイプのクリームに変更するもデカイのが釣れません。
大会中はフィッシングプレッシャーが高くなるので朝一が一番良くデカイ魚が釣れるのですがこの日はデカイ魚の雰囲気もありません。
場所移動をしたくても人が多く入る場所も見当たらないので暫くその場所にいましたが、あまりに小さい魚しか釣れないので場所移動をすることに…

奥の池の一番手前の深場に移動すると、流れも少ないので水中が良く見えました。
しかもボトムの方にはデカイ魚も見えました。
オクトパスジグノーマルタイプオレンジを投げると、小さい魚に混じってデカイのも反応してきます。
これなら行ける!と思い小さい魚のバイトをかわしながらデカイのを狙いますが、どうしても小さいニジマスしか釣れません。
これが朝一の高活性時なら確実に釣れたのに…
場所選択に失敗した事に気づきました。

気を取り直して奥の池の奥の水車に移動すると物凄い量の魚がストックされていました。
オクトパスを投入するとニジマスに混じってイワナも良く釣れます。
画像のイワナもここで釣りました。大きさもイワナにしては少し大きめの33cmくらいでした。
しかしここでも入賞できるサイズは釣れず…(ちっさいのはいくらでも釣れそうでした。)

この大会は釣りなれない奥の池の勉強ということでとても勉強になりました。
次回(秋)の大会は入賞できるよう頑張ります。